Designer's Blog

0

どうも、NORI(@noriposo)です。昨日のブログでも書いていた通りですが、現在起業準備中です。私自身、起業にあたり、資金調達、初期メンバー、人脈、資本政策等でいろんな壁に最初からぶち当たってきていて思ったことは、まだまだ起業に関する情報が少なすぎる!というのが率直な感想です。なので、私が現在知り得る範囲で、起業にあたっておさえておきたい、サイトや本、人脈の作り方などを紹介したいと思います。

初期メンバーの作り方・集め方

Business team

起業するにあたり、おそらく最初の壁がここだろうと思います。ある程度人脈や、知り合いが多ければ、自分のやりたいことを説明して、目指す目的が一緒であれば、事業に参加してもらうのが早いと思いますが、なかなかそうもいかないのが現実です。

私自身、中学高校でアイスホッケーをしていた経験上、強いチーム作りで大切なのは、一人一人の技量よりも、チームとしての団結力が一番だと考えてます。一人ではできないことでも、チームとなることで、大きなゴールに向かって進むことができます。

初期メンバーを選ぶ際に重要なのは、実際にこの人と一緒に歩んでいきたいという方とお会いして、ラブコールを送るのが一番ベストかと思います。好きな女性を口説き落とす時と同じくらいのスタンスで、自分の気持ちを相手に伝えてみてください。それで共感する方もいれば、共感を得ない方もいると思いますが、そこでくじけてヘコタレていてはどうしようもありません。本当にこいつじゃなきゃダメというのであれば、一度断られてダメでも三度くらいアタックしてみてもいいと思います。起業までに時間がある方は、急がずともじっくりと選んでいくのも大切だと思います。

初期メンバーのエンジニアを探す方法

起業家のイベントなどに参加してみて、一番多いなというのは「CTO」(Chief Technology Officer:最高技術責任者)を探しているというケース。WEBサービスやアプリを作っていく上で絶対に必要な方です。いま日本では圧倒的なエンジニア不足と言われるまでエンジニアが不足している現状で、この方を探してくるのは現状難しいといったところだと思いますが、エンジニアがよく交流をしているところでいうと、

GitHub

ソフトウェア開発プロジェクトのための共有ウェブサービスであり、Gitバージョン管理システムサービス。多くのエンジニアが開発で利用しており、Web制作でも利用しているケースも最近では多いのではないでしょうか。世界中で利用されているので、世界中からエンジニアを見つけ出すこともできるでしょう。

Build software better, together

GitHub is where people build software. More than 26 million people use GitHub to discover, fork, and contribute to over 73 million projects.

Qiita (キータ)

プログラマのための技術情報共有サイトで、様々なコードなどが公開されております。Twitterなどのアカウントでも登録されているので、気になるエンジニアなどがいれば直接声をかけてみてはいかがでしょうか。

Qiita – A technical knowledge sharing platform for programmers. – Qiita

Qiita is a technical knowledge sharing and collaboration platform for programmers. You can record and post programming tips, know-how and notes here.

connpass(コンパス)

エンジニアをつなぐIT勉強会支援プラットフォームで、頻繁にエンジニアの向けのイベントが開催されております。非エンジニアだから参加できないというわけでもありません、エンジニアのみなさんがどういうことを話していて、現在の流行だったり、技術的な話を聞きにいき、声をかけてみるのもいいと思います。

connpass – エンジニアをつなぐIT勉強会支援プラットフォーム

connpassはイベントやIT勉強会の開催、さらに参加者の集客に便利です。コミュニティやグループの運営やイベントの検索、事前決済もできます。

初期メンバーのデザイナーを探す方法

自身が非デザイナーだった場合、WEBデザイナー、UI/UXデザイナーを探す方法としてはいくつかあると思いますが、上記connpass(コンパス)でのイベントやMeetup(ミートアップ)などのデザイナーイベントに参加してデザイナー。交流を持つことも一つだと思います。

それ以外にも、デザイナーが自身の作品を公開しているWEBサービスとしては、

Dribbble(ドリブル)

世界中のデザイナーやイラストレーターなどのクリエイターが、自身のポートフォリオを公開したり、コミュニケーションをすることができるポートフォリオサイト。

Dribbble – Show and tell for designers

What are you working on? Dribbble is a community of designers sharing screenshots of their work, process, and projects.

Behance

クリエイティブ制作でツールを提供するAdobeが運営する、世界最大級のポートフォリオサービス。Webデザインだけでなく、ファッションから建築まで様々なクリエイティブ分野の作品が集まる作品だけでなくクリエイティブ関連の求人も登録されており、プロジェクトにジョインできる機会も得られます。気になる作品やテイストがあれば、直接声をかけてみてもいいと思います。

Top Creative Work On Behance

Showcase and discover the latest work from top online portfolios by creative professionals across industries.

Packaging Of The World

Webなどではなく、実際のプロダクト(パッケージ等)だった場合、上記でも探すことはできますが、パッケージデザインを集めた専門のサイトがあります。制作者やクライアントの名前まででいるので、探してコンタクトを取って話をしてみるのもいいでしょう。魅力的なパッケージは人を惹きつけるだけでなく、売り上げにも大きく影響してきます。

Packaging of the World – Creative Package Design Gallery

Packaging of the World is a package design inspiration archive showcasing the best, most interesting and creative work worldwide.

資金調達でエンジェルやVCを探す方法

これはひとによって様々だと思いますが、いろいろな方々にお会いして、実際にお話してみるのが一番だと思います。Twitterなどで「VC」(ベンチャーキャピタリスト)、「投資家」などと検索するといろいろ出てくると思います。

また、シード期に投資してくれる会社としては、

Skyland Ventures

日本国内を中心に50社超へ投資し、総額14億円を運用している木下さん率いるVC(ベンチャーキャピタル)。U25以下にはフライングで投資を積極的に行っているので、起業を目指した段階で25歳以下であれば、まず足を運んでみてはいかがでしょうか。様々な起業家イベントも都内でたくさん行われておりますので、参加するのもオススメです。

Skyland Ventures – The Seed Maker.

(null)

ANRI

サイトの「SOME THING ABOUT US」を読んで感動し、実際にお会いして、起業に関するお話を聞いていただいたんですが、起業家のそばに立って親身になって相談を聞いてくれます。まずはTwitterやfacebookでもいいのでアプローチをしてみて、起業や資金調達について相談をしてみてはいかがでしょうか。

ANRI

未来をつくろう。圧倒的な未来を。

500 Startups Japan

先日、Founders Friday:起業の道を模索するあなたへ、超創業初期のためのミートアップに参加してきましたが、少人数で開催される非常に面白いミートアップです。もし起業を目指すのであれば、こういうイベントに積極的に参加してみるのも非常に面白いです。意外なところで意外な繋がりが出てきてワクワクします。

500 Startups Japan

We Are #500 STRONG シリコンバレーを拠点に世界60カ国1800社以上に投資する、世界で最もアクティブなシードベンチャーキャピタル

incubatefund

起業家や起業準備中の方を対象した「Meet Up」を月一で開催しております。私も11月末に退職したその足で、このミートアップに参加しました。いろいろな分野での起業家などが集まるイベントで、起業家同士の交流以外にも、資金調達の相談や、ビジネスプランについてVCからアドバイスなどを受けられるイベントです。いろいろな方々との交流を深めるイベントとしては非常に魅力的なイベントです。

起業家や起業準備中の方を対象した「Meet Up」を11/30(木)に開催します | incubatefund

インキュベイトファンドは創業期の投資・育成に特化したベンチャーキャピタルです。

資本政策や起業を目指すときに読んでおきたい本

私自身が起業を決意したときに、「資本政策」がわからなければ、必ず読んでおくべき!とまでオススメされた本です。起業家として資本政策を誤ってしまうと、あとあと取り返しがつかなくなるケースがあります。起業をするのであれば、やはりそこはしっかりと学んでいく必要があると思います。無知であることは、リスクとして捉えておく心構えも必要だと思います。

資本政策

資本政策とはなにか、ストックオプション、企業価値、投資契約の内容まで、起業に関する内容を網羅している本です。まず起業を目指すなら必ず読んでおいたほうがいい本です。

投資家を選択する際のメリットやデメリット、創業チームのジレンマなど、1万人の起業家調査をした成功と失敗の内容が書かれていて、非常に面白いです。なぜ失敗したのか、なぜ成功したのかなど。

ピッチ資料についてわかりやすく書かれた本です。この著書の中で共通しているのは、直感的なわかりやすさかと思います。限られた時間の中で、自分のやりたい事業への評価をしてもらわないといけないわけなので、短期間でビジュアル的に、市場規模、ターゲット、どういったビジネスモデルなのかなどといったものを、プレゼン相手に伝える言わばラブレターとなる資料を作る必要があります。

このビジネス面白い!と思わせるために、ピッチ資料を準備するのは最低限必要です。

まとめ

いかかでしたでしょうか。おそらく私の知らないところも、まだまだたくさんあると思いますが、また出てきた場合には追記していきたいと思います。

私自身、起業を決意してから、まだ数ヶ月で会う方々からいろいろと学ばせて頂いており、起業家としてもまだまだ未熟です。起業家イベントに参加すると、10代や20代前半の方々が多いのにも衝撃を受けました。

今、面白いビジネスアイデアで起業をしたい、起業に当たって同じ悩みを抱えている方がおりましたら、ぜひ参考にしてみてください。

Sponsored Link


その他関連記事

コメントはこちら

TOPへ戻る