Designer's Blog

1

どうも、NORI(@noriposo)です。先日11月末日、大手通信会社の子会社(EdTech系)を退職し、自分が本当にやりたいことを目指し、起業することに至りました。いままでお世話になりました方々、退職にあたり応援していただき送り出していただいた皆様、本当にありがとうございます。本当にやりたいことが見つかったので、一からスタートすることに決めました。

起業する決意

お金が無くて、スキルやノウハウを学んでいる若いクリエーターの方々の力になりたい。

12月25日に株式会社としてスタートします。
起業を本当に考えたときのきっかけとして、一番想いとして大きかったのが、自分の経験から、「若いクリエーター」が育つ環境がないという状況と、いまの市場の仕組みに違和感を感じていたからです。お金がなくて、これが欲しいのに、欲しいものを買えないという経験を、私自身もしてきました。これがあれば、もうひとつステップアップできるのに・・・・。

学校で学んで、企業で学んで、独学で学んでいるクリエーターの方々は、日本だけはなく、世界中に多いと思います。私自身もデザインの学校を出たわけではなく、デザインに関すること、Webに関する、IoTに関することなどは全てWEBで独学で学んできました。インターネットが普及している今、学ぼうと思えば、資料はインターネット上にたくさんあがっています。そこに自分からリーチできるかどうかで、大きく変わってくるとも思ってます。

先日、某起業家のイベントの集まりでお会いした10代の起業家の方のWebに関する知見は、正直目を疑うほどの知識で、すでに次にどういった時代がやってくるのか、いまどういった技術が伝われているのか、このサービスはこういうマネタイズモデルだとか、本当にこいつはまだ10代なのか・・・という恐ろしさすら感じました。彼が25歳になったときに、日本を支えるような起業家であることを期待しています。

もともと、企業でWebディレクター、クリエイティブディレクターなどを経験してきて、デザインの仕事で「起業」するのではないかと思っている方も多いと思いますが、デザインはもちろん重要視したいと思いますが、最初に書いているとおり、「若いクリエーター」が育つ環境を作っていくのが、私の役目だと考えてます。

何をするのか

投資家の方々にはすでに、事業の資料を見せており、様々なフィードバックを受けておりますが、まだ、何をやるのか、どういったことを、誰とやるのかは、ここでは非公開にしたいと思います。同じ未来を想い描くメンバーが集まってきているのは事実です。若くして私よりも優秀な方々が、お金はとりあえず一旦置いといて、一緒にその「夢」を一緒に叶えて、一緒にやりましょう。と言われたときには本当に震えました。いまこの記事を書いてる時点でも目頭が熱くなるくらいです。

一番最初に事業の資料を見せた彼が、本当に面白いと言ってくれて、一緒に夢を描けるメンバーとして参加を決意してくれた彼には本当に感謝してます。今後一緒に歩んでいくメンバーとしては、非常に力強いバックアップです。

私自身、起業家としてかなりの知識不足で、現在いろいろな本を読んで、資本政策やその他諸々勉強中です。
起業のファイナンス

誰と起業するのか、誰とこの事業をやりたいのか。

起業家としては、おかしいのでは?と思われるかもしれませんが、正直なところお金儲けが目的ではなく、自分が経験したことを元に、「若いクリエーター」にもっと世界に羽ばたいてもらいたいという想いが、かなり先行しているのは事実です。

自分が起業をしたいと思ったときに、日本政策金融公庫に走りました。私もいろいろと勉強している最中ですが、今の時代お金を借りる(融資)ことをしなくても、このビジネスが面白い、未来に間違いなく伸びていくだろうという会社に対して投資してくれるエンジェル投資家や企業の社長さんなどがいます。お金がなくても起業ができる世の中になりつつあります。もしいま面白いアイデアで起業したい!と思う方がいれば、Twitterなどでエンジェル投資家などを探してコンタクトをとってみるのもいいと思います。25歳以下であれば、Skyland Venturesの木下さん(@kinoshitay)にすぐコンタクトを取り、起業に関し投資の依頼をしてみてもいいと思います。フライングで投資 してくれる可能性があります。私はOVER 25の為、残念ながら対象外でしたが。

エンジェル投資家がよくわかる資料

会社での働き方

創業期はもちろん一緒に近くにいて、いろいろと相談できるメンバーを募集しておりますが、私自身の会社の方針として、インターネットが世界中で繋がってる今、会社に毎日出社するのはナンセンスだとも思ってます。時差は多少あってもSlackなどのツールを使えば開発環境や進捗状況も確認できます。前の上司をディスる訳ではありませんが、メールだけで仕事をするのは、正直もう時代として終わっていると考えてます。

多くのクリエーターの方々は自宅に大きなモニターや、ハイスペックのパソコンなどを保有して作業してます。会社にくるよりも素晴らしい環境を構築しているのはまぎれもない事実です。それに対して「会社に毎日出社してくださいね」は、ナンセンスというか通勤時間を他の制作時間などに当てて欲しいと願うばかりです。会社に出てこなければやれない仕事は無いと思います。

当然、起業にあたり、最初から働き方の改革も行います。結果さえ出してもらえれば、勤務地は問いません。東京-NYは時差があるのでしんどいですが(笑)しかし、音楽もレコーディングの音声データをNYで収録、クラウドにデータをあげて、日本でリミックスということも多く行われいるので、場所は関係ないと思います。

創業期メンバー募集

現在Wantedlyを使って創業期メンバーを募集しております。どういったことをやるのか、どういうメンバーがいるのか、映像クリエーター、デザイナー、エンジニアなども幅広く募集してますので、興味のある方はぜひお声がけください。

メンバー募集

募集内容はこちらからもご確認できます。

一緒に若いクリエーターが育つ環境を作っていきませんか?
12月中には同じ想いの創業期メンバーを確定し、1月から全力で走っていきたいと思います。
本当に気軽にお問い合わせください。

Sponsored Link


その他関連記事

コメントはこちら

TOPへ戻る