Designer's Blog

0

どうも、NORI(@noriposo)です。最近ここになってようやくApple Watch Series3を買いまして、Siriで家の家電の操作などに使ってたりします。普段身につけている時計が家庭内の家電を音声などでコントロールできるのは非常に便利です。ただ、1点だけ微妙なのが、純正のApple Watchのバンドとストラップが安っぽく見えてしまう件、どうせならTPO(Time, Place, Occasion)にあわせてApple Watchのバンドも手軽変更しておでかけしたいですよね。今回は実際に購入してみた、1,600円なのに高級感が溢れまくりのApple Watch(42mm)取り替えバンドの紹介です。

Apple Watch series3 GPS + CELLULAR

最近ようやく購入に踏み切ったApple Watch series3の電話をかけられるタイプのやつ。
Apple Watch Space Gray Aluminum Case with Gray Sport Band

購入後、別のバンドを変えるつもりでいたんですが、やっぱり純正のスポーツバンドはどうしても安っぽくというか、おもちゃっぽく見えてしまうのが難点。私だけはなく、きっと誰もが同じこと思ってるんじゃないかと思ってます。ビジネスシーンでもさりげなく使えるような、カッコイイバンドのほうがいいですよね。
Apple Watch
Space Gray Aluminum Case with Gray Sport Band

国内外でもネットで結構探しましたが、とりあえず安さに惹かれて、こちらのバンドを購入。

JETech Design Apple Watch ステンレス製(ブラック)

純正の交換スポーツベルトでも6,000円程度します。ビックリするかもしれませんが、この黒いステンレスのバンドのお値段、破格の1,600円弱!! 安さに惹かれてとりあえず購入してみようという結果に至った訳です。

即日届いたバンド

さすがはAmazon都内であれば注文してすぐ届きます。雰囲気的にAnkerっぽい外装。
Apple Watch Series 3 ステンレスバンド

開封

Apple Watch Series 3 ステンレスバンド

箱を開けると、「Lifetime Warranty Card」が入っていました。このお値段で一生涯保証なんて、手厚すぎてビビります。1,600円の購入で一生涯保証!本当なのかどうなのか、壊れて修理に出してみないことにはわかりませんが、普通なら驚くはず。
Apple Watch Series 3 ステンレスバンド

中身はこんな感じです。これはステンレス製のベルトのピンを外して縮めるための工具です。
Apple Watch Series 3 ステンレスバンド

その他に、メインのバンド(結構ずっしり感)と工具、説明書がついてきます。
Apple Watch Series 3 ステンレスバンドApple Watch Series 3 ステンレスバンド

さまざまな国の言語で説明書が書かれておりますが、中には日本語での説明書記載があります。取り外し方法という記載ではなく、どちらかというと上から目線で、「いかに腕時計バンドからリンクを取り外すか」。という記載です。
Apple Watch Series 3 ステンレスバンド

購入しても分からない方のために念のために交換方法を記載しておきます。

ベルトの調整と交換方法

まず最初に元々付いていた、スポーツバンドを取り外します。取り外し方法は以下の通り。

購入した新しいステンレスバンドを取り付け。どう見てもデカくてズレ落ちること間違いなし。これを今度は腕のサイズに合わせて調整していきます。
Apple Watch Series 3 ステンレスバンド

ステンレスバンドの裏に方向が記載してあります。その方向に向かって接続されているピンを抜いてコマを外していきます。
Apple Watch Series 3 ステンレスバンド 取り替え

付属していた取り外し工具を使いピンを外します。高さも合わせられるので高さを合わせて横のピンの位置まで合わせて、ピンの位置の高さまでセットされたら、ピンの部分をくるくる回していきます。
Apple Watch Series 3 ステンレスバンド 取り替え

上からみるとこんな感じです。ピンの部分を奥側に回すと自然とピンが押し出されていきます。
Apple Watch Series 3 ステンレスバンド 取り替え

取り外したコマとピン

この勢いで、自分の腕に合わせてコマを外しては取り付けていく作業を行います。
Apple Watch Series 3 ステンレスバンド 取り替え

腕にぴったりフィットしたステンレスバンド

調整が終わって腕に着けてみると、ぴったりとフィット!自分の腕を写真でまじまじとみると毛深いな俺。(笑)
Apple Watch Series 3 ステンレスバンド 取り替え

スポーツバンドにはない、高級感がでてきます。
Apple Watch Series 3 ステンレスバンド 取り替え

どうでしょうか、これが1,600円で購入したステンレスバンドに見えるでしょうか。少なくとも純正のバンドよりは高そうに見えることは間違いないと思います。ビジネスシーンでもしっくりきます。
Apple Watch Series 3 ステンレスバンド 取り替え

スペースグレイの本体にもしっかりとマッチしてます。
Apple Watch Series 3 ステンレスバンド 取り替え

ゴツさでは負けますが、Apple Watchを購入する前に着けていた「Luminox 6400 F 117 NightHawk」にも引けを取らないスマート感がでてます。

Apple Watch Series 3 ステンレスバンド 取り替え

こんな感じで30分もあれば、自分でもステンレスバンドに交換が可能です。

実はこの黒いステンレスバンド以外にも購入候補としてあがったのが、こちらのバンド。使い込むごとに味がでる、高品質レザーとして定評のあるホーウィンレザーをバンドに利用した
NOMADのMODERN STRAPと、TRADITIONAL STRAP
レザーベルト

国内にはまだ入ってきてないのと、いまなら10%OFFなので、輸入して購入もありかなと考えてます。価格的にはこのバンドとAppleのスポーツバンドはほぼ同じような価格帯なので。黒いフェイスにレザーが映えて大人っぽさを演出してくれるApple Watch用の取り替えレザーベルトです。

今回紹介したバンドはこちら

もし、Apple Watchのバンドに悩んでいる方がいましたら、購入の参考にしてみてください。以上、安くても高級感満載のステンレスベルトの紹介でした。

Sponsored Link


その他関連記事

コメントはこちら

TOPへ戻る