Designer's Blog

0

どうも、NORI(@noriposo)です。最近たまたまネットサーフィンをしていて見つけた、国産のWordPressテーマ(有料)ですが、私がいままで見た中で「賢威」、「STINGER」、「STORK」といった有料テンプレートの中でも、ぶっちぎりですごいと思ったテンプレートがこちらの「SANGO」。WordPressをインストールしてテーマを当てただけで、いきなりプロが作ったクオリティーで仕上がる上に、サイトの応答レスポンスや今の時代に合わせ、フルレスポンシブでマテリアルデザイン仕様。PC、タブレット、スマホから見ても隙のないデザイン。デザインをしている立場から見ても、マジでビビったので紹介したいと思います。

WordPressテーマ 「SANGO」とは

SANGOという名前は、言うまでもなく海の「サンゴ」から取っています。海中に彩りを与えるカラフルなサンゴは美しく、見る人を魅了します。世界には約800種類のサンゴが存在すると言います。もちろん、形や色は1つ1つ違います。SANGOで作られたブログも、世界に1つだけの、個性的なものになるはずです。

と紹介文が公式ページに掲載されております。

サルワカ | サルでも分かる図解説明マガジン

サルワカはあらゆることを分かりやすく解説するメディアです。何か分からないことがあったときはサルワカへどうぞ!

ブックマークに必ず入れておきたい、サルでも分かる図解説明マガジン「サルワカ」ですが、そのサイトの中の人が作ったWordPress有料テーマが今回紹介する「SANGO」です。モバイルファーストで、見出し、ボックスの種類が多数用意されています。内部SEOも最適化済み。10,800円と少し値段が高いとも思えるWordPressの有料テンプレートですが、デザインの仕事をしている立場、Web制作の現場の目線からみても破格としか言いようがないです。それくらいすごいテーマです。

デモページ

SANGO|心地良さを追求したWordPressテーマ

WordPressテーマSANGOのデモページです。

制作者のあそびゴコロ

「SANGO」をリリースした時間が3時5分・・・・。(笑)ほとんどの人が気づいてなかった模様ですね。

10,800円でも破格の理由

sango
この「SANGO」と同じような仕様で、クラウドソーシングでのWordPressのテーマを独自制作を依頼した場合でも、この内容を盛り込み、このデザインレベルまで仕上げてくるとしたら、制作をやっている立場からしてみると、最低でも30万はかかるのではないかと思ってます。その理由は、通常であれば自分たちでCSSなどをいじって、見出しをデザインするのですが、その必要性がない。プラグインなどを入れて、この記事を書いた人などを表示させる必要もなし。インストールして適用すれば、いきなりプロクオリティーサイトが完成。パーツも豊富なカラーバリエーションから自分の好みに合わせてチョイスできてるだなんて。

マジすごすぎる。。。

実際にこのテーマを購入されて、WordPressで利用してみてレビューを書いてるサイトも、ちらほら見かけるようになりました。
ちなみに以下のブログもSANGOのテーマを利用してアフェリで収益をあげているようです。すごいですね。

ブログ開設10ヶ月で収益33万達成した感情の記録

WordPressテーマ「SANGO」24の魅力

これを読めば、さらに惹かれるではないでしょうか。24の魅力の中でも、以下の項目に限っては普通であれば、テーマをインストールしてから、プラグインをインストールしたりして独自で設定するのが普通です。WordPressをいじった経験がある方であれば、初期のテンプレートの段階でここまで含まれてるとなると驚く方も多いと思います。

  • 内部SEO対策施策済み
  • 30種類以上の見出し
  • 30種類以上のボタン
  • 30種類以上のボックスデザイン
  • 20種類以上の箇条書き
  • 「この記事を書いた人」簡単挿入
  • 人気記事ウィジェットをプラグインなしで実装
  • レビュー用ボックスを挿入可能

WordPressテーマ「SANGO」24の魅力

SANGOは、Webメディア「サルワカ」から生まれた有料WordPressテーマです。SANGOにはたくさんの魅力があります。ブログ、アフィリエイト、企業ホームページ、様々な用途できっと活躍するはずです。 目次1. つい …

現在のところ、10,800円で販売されておりますが、公式販売サイト上では気になる記載があります。

価格について

カスタマイズがしやすいテーマとはいえ、似たようなブログが増えすぎることを防ぐために、販売数に応じて価格を上げる可能性があります。

もしWordPressを今からはじめたり、現時点でWordPressのテーマに迷っている人がいるとしたら、おススメしたいテンプレートです。今後購入価格があがる可能性を示唆しているので、いまが買いのチャンスかもしれませんね。

この有料テーマの購入はこちらから。気になる方は購入して素敵なサイトに仕上げてみてはいかがでしょうか。私から見ても超絶おススメのテンプレートです。

Sponsored Link


その他関連記事

コメントはこちら

TOPへ戻る