Designer's Blog

0

あなたはWindows派ですか? Mac派ですか?本日もCREARCのブログをお読みいただきありがとうございます。NORI(@noriposo)です。今日はMacでのあるあるネタに近いものですが、Macを使っているけど、意外とよく知られていない影なしのスクリーンキャプチャーの方法の紹介です。

一般的な画面のスクリーンショット方法

Macでよくブログなどを書いている人であれば、しょっちゅう経験しているとは思いますが、わからない方の為にも、よくあるスクリーンショット(画面キャプチャー)の方法を。

画面の選択した部分のスクリーンショットを撮る場合

  1. 「shift + command + 4」キーを押します。ポインタが十字型に変わります。
  2. スクリーンショットの撮影範囲の始点となる位置に十字ポインタを移動し、そのままドラッグして範囲を選択して放します。
  3. スクリーンショットがデスクトップに .png ファイルとして作成されます。

このスクリーンショットの方法だと、撮ったスクリーンショットに影ができることはないのですが、以下のようにウインドウのスクリーンショットを撮った場合には通常だと影ができます。

ウインドウのスクリーンショットを撮る方法(通常)

キャプチャー方法は以下の通り。

  1. 「shift + command + 4」キーを押します。ポインタが十字型に変わります。
  2. さらにここでスペースバーを押します。ポインタの形がカメラに変わります。
  3. カメラポインタをキャプチャーしたいウインドウに移動して、そのウインドウをハイライトしてクリックします。
  4. スクリーンショットがデスクトップに .png ファイルとして作成されます。

キャプチャー画像例(影あり)

以下のように上記の手順でキャプチャーを取ると、画面の枠に影が自動で落とし込んだ状態でキャプチャーされていまします。これはこれでカッコよくて、見やすいとは思うのですが、できれば影がない方がスッキリします。私はどちらかというと影なしのタイプのほうが好きです。
スクリーンショット  shadow_on

今回はタイトルの通り、「影が付かない」タイプのスクリーンショットを撮る方法です。手順は上記通常の手順と一緒ですが、ひとつだけ手順が追加されます。

ウインドウのスクリーンショットを撮る方法(影なし)

キャプチャー方法は以下の通り。

  1. 「shift + command + 4」キーを押します。ポインタが十字型に変わります。
  2. さらにここでスペースバーを押します。ポインタの形がカメラに変わります。
  3. optionボタンを押したまま、カメラポインタをキャプチャーしたいウインドウに移動して、そのウインドウをハイライトしてクリックします。
  4. 影なしのスクリーンショットがデスクトップに .png ファイルとして作成されます。

キャプチャー画像例(影なし)

スクリーンショット shadow_off

Macでよく作業する人であれば、覚えておくと非常に便利に使えます。ターミナル(terminal.app)を起動して、コマンドを入力して、スクリーンショットを撮影するとき、影なしにするか影ありにするか設定もできるのですが、あまり初心者向きではないので、あえてここでの紹介は控えます。通常の手順にひとつ「optionボタンを押す」ということで、影なしのウインドウのスクリーンショットを撮ることができます。ぜひ活用してみてください。

Sponsored Link


その他関連記事

コメントはこちら

TOPへ戻る