Designer's Blog

0

ヘテムル上でWordPressなどを管理していたり、またはその他利用のサーバー上でWordPressの作成時に必須となるMySQLのデータベース。サーバー内にWordPressを使って作れば作るほど当然のことながら、MySQLのデータベースは増えていく一方です。特にサーバーによくある「簡単インストール」などでWordPressなどをインストールすると、MySQLのデータベース名がランダム生成されるケースも少なくありません。そんな時に作成したWordPressに、どのMySQLのデータベース名が連動しているのか、確認する方法をご紹介します。

WordPressの使っているデーターベース名

サーバーのコントロールパネルに入るとよくある「設定」の中の「データーベース」開いてみると、たくさんのデータベースがあって、なにがなんだかわからなくなることも少なからずあると思います。そんな場合、どのデータベースがどのWordPressと結びついているのか確認する方法です。

一般的なデータベース名確認方法

簡単にWordPressの使っているデータベース名やホスト名を調べる方法は以下となります。WordPressをインストールしているディレクトリー配下にあるファイルwp-config.phpを読めば詳しい情報が記載されており、ここを見ればどのMySQLのデータベース名がWordPressに設定されているのかを確認することができます。

データベース記載参考例

'DB_NAME'というところを見るとデータベース名が記載されているので、ここを確認しましょう。

// ** MySQL 設定 - こちらの情報はホスティング先から入手してください。 ** //
/** WordPress のためのデータベース名 */ 
define('DB_NAME', '_crearc**_*****');  この部分に記載されているのがデータベース名です。

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', '_crearc**_*****');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', '*********');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'mysql000.xxxxxxxx.jp');

/** データベースのテーブルを作成する際のデータベースのキャラクターセット */
define('DB_CHARSET', 'utf8');

/** データベースの照合順序 (ほとんどの場合変更する必要はありません) */
define('DB_COLLATE', '');

ヘテムルサーバーでのデータベース名確認方法

hetemlFTPで確認することができます。コントロールパネルに入って、同様にWordPressをインストールしているディレクトリー配下にあるファイルwp-config.phpを確認しましょう。
heteml-controlpanel

wp-config.phpの取扱い注意点

もし、phpファイルを編集する時は、いつでも戻せるように必ずファイルのバックアップを取ってからにしましょう。特にWordPressをカスタマイズ(バージョンアップ・上書きインストール)をすることになると、必ずfunction.phpや、header.php等のPHPファイルを必ず触ることになります。

私も過去何度も同じミスを繰り返して画面が真っ白になって、自分自身が真っ青になった経験者です。やっちまったー!となってしまってからでは遅いです。

WordPressのデータベース名がわからなくなった場合の参考としてみてください。

Sponsored Link


その他関連記事

コメントはこちら

TOPへ戻る