Designer's Blog

0

こんにちは。いままでiPhone7 Plusなのに、Bluetoothを使わずにLightning端子にBOSEのイヤフォンジャックを挿して利用していたNORIです(@noriposo)たまたま、amazonで炭酸水などのお買い物をしていたときに見つけた商品で、試しに買ってみたBluetoothイヤホン「SoundPEATS Q12」が意外とすごかった。

本当のところは同じBluetoothイヤホンでも「Bose SoundSport wireless headphones」「B&O Play BeoPlay H5 ワイヤレス Bluetooth イヤホン」が欲しいところなのですが、とりあえずのお試し利用として購入してみました。

購入したもの

2017年5月20日時点での総カスタマーレビュー数は3,193件、カテゴリーランキングは6位です。
レビューも半数以上はいい評価をしており、セール価格:¥2,699ということもあり、お試し購入となりましたがこれが結構いいと思えるお買いものとなりました。

amazonの商品ページ内にも掲載がある通り、一時はイヤホン・ヘッドホンカテゴリーでベストセラー1位を獲得した実績です。主な仕様も以下の画像の通り。

SoundPEATS-Q12

SoundPEATS Q12 開封

四角い黒い箱に入って送られてきました。
SoundPEATS-Q12

同梱物

驚いたのはこの価格帯での同梱物内容。キャリングポーチはかなりしっかりとした作りという印象。
中には小物を入れられるメッシュポケットも付いており、鞄の中でも簡単には潰れないキャリングポーチです。
SoundPEATS-Q12

● Q12 Bluetoothイヤホン(ブルートゥースイヤホン)本体
●イヤーピース(S/M/L)※初期装着M ●イヤーフック(S/M/L)※初期装着M
●キャリングポーチ
●USB充電ケーブル
●クリップ ×2
●結束用パーツ×2
●取扱説明書(ユーザーガイド)

マグネット内臓の本体

これは結構重要なポイントかもしれません。イヤフォン部分が磁石でピタッとくっつくのです。約3万円近い高級イヤホンの「B&O Play BeoPlay H5 ワイヤレス Bluetooth イヤホン」にも同じ磁石機能がついてますが、こちらは2,699円!

SoundPEATS-Q12

マグネットの効果でとしっかりとイヤホン同士がくっつきます。イヤホンを一時的に外したい場合、首に回してくっつけることで、輪になり首から下げていてもそう簡単に落ちません。特にフィットネスや運動をしてる時に重宝する機能です。

本体への充電

イヤホンのリモコン部分に充電用USBポートがあり、ここから充電ができます。大容量バッテリー搭載とのことで、1回約2時間の充電で約6時間の連続使用(通話・音楽再生)と180時間の待機が可能。日常生活で使うことでバッテリー切れで使えなくなるということはなさそうです。

SoundPEATS-Q12

簡単なペアリング(iPhone)

まずは本体を両耳に装着してマルチファンクションボタン(MFB)を6秒間押し続けます。するとイヤホンから「ペアリングを開始します」という女性の声が聞こえばOK。
SoundPEATS-Q12

あとはiPhone本体の設定→「Bluetooth」をON→Q12が見つかったらタップ→「接続中」になれば完了。
非常に簡単です。
SoundPEATS-Q12 ペアリング

まとめ

実際に2、3日利用してみましたが非常に快適!!いままで使ってたBoseのイヤホンがなんだったのかと思うくらい。電源ON/OFFでも接続は自動でつながるので問題なし、装着して電源をON(マルチファンクションボタンを3秒長押し)にすれば女性の声で「電源をONにします。接続が完了しました」と日本語で聞こえます。電源OFF(マルチファンクションボタンを3秒長押し)の場合も同様に「電源をOFFにします」とアナウンスされます。

2,699円でこのスペックは本当にスゴイと思います。日常生活で利用するには絶対におすすめできるBluetoothイヤホンです。音質や重低音を非常に重視する方でなく、購入するBluetoothイヤホンを悩んでいる方がいたらぜひ試してみてください。

以上、3,000円以内の価格なのにハイスペックなBluetoothイヤホン「SoundPEATS Q12」のレビューでした。

Sponsored Link


その他関連記事

コメントはこちら

TOPへ戻る