CREARC

Designer's Blog

1

シンプルで美しいデザイン家電を様々リリースしてきたバルミューダ株式会社より、つい先月発売決定された新製品「BALMUDA The Pot」がついに届きました。予約開始と同時に、フォルムやデザインに一目惚れしてポチっていたのは言うまでもないのですが、発売日当日の2016年10月21日に家に届いていたようだったけれども、不在の為に受け取ったのが23日、新製品を実際に使ってみたレビュー記事となります。

Hello Kitchen!

The Potの箱にはシンプルなメッセージが記載されておりました。開ける前からのドキドキ感。
BALMUDA The Pot

安全上のご注意

電気ポットなのに間違って火にかけてしまわないように、よく読んでおいたほうがいいかもしれません。
BALMUDA The Pot

土台となるコンセント(裏面)

コンセントは裏面に自分で巻いて収納するタイプとなっております。ボタンを押すとシュルシュルっと自動で巻かれるわけではありません。手動です。
BALMUDA The Pot

土台となるコンセント(表面)

だいぶスッキリとしています。本当にこの上に乗せただけでお湯が沸くのだろうかと思うくらい、金具も見えず実にシンプル。
BALMUDA The Pot

合体の図

真っ白なボティーが眩しいくらい美しいポットです。
BALMUDA The Pot

実際に水を入れてお湯を沸かしてみました。

The Pot内のメモリ

中にはMINとMAX0.6Lの文字の2本のみ。
BALMUDA The Pot

とりあえずギリギリのメモリまで水を入れてみました。
BALMUDA The Pot

The Potのフタ

軽く押し込むとカチっと音がしてフタがロックされます。
BALMUDA The Pot

お湯が沸くとフタのこの開いた隙間から湯気が出てくるので沸いたのがわかります。
BALMUDA The Pot

電源スイッチ

こちらのポットのスイッチを土台に乗せて下げると「パチっ」と音がして自動でお湯を沸かしてくれます。
BALMUDA The Pot

公式HPにも記載がある通り、電源ランプは小さなネオン管を使った独特の優しい灯りとなってます。
BALMUDA The Pot

0.6Lのお湯が沸くまでの時間

実際にMAXの0.6Lのお湯がスイッチを入れてからどれくらいで沸くのか計測してみました。結果は以下の通り!!
過去にこういった電気ポットを利用したことがないので、0.6Lのお湯が3分ちょっとで沸くのが早いのか遅いのかはわかりませんが、少なくとも、やかんに水を入れてガスコンロでお湯を沸かすより安全で、コーヒーを淹れようと思った時にスイッチを入れてすぐ沸くイメージがあるので、体感的には遅いとは感じられません。
time

お湯が沸くと自動的に下げたレバーが上にあがり止まります。お湯が沸いた後のポットは非常に熱くなっております。これは取っ手部分を持たないと少し危険だなと感じたところでした。小さなお子様がいる家庭ではもしかしたら注意する必要があるかもしれません。ポットの周りは非常に熱いです。
BALMUDA The Pot

全体的な印象としては、お湯も気づけば自動で沸いている、シンプルでデザインも素敵なので、割と毎日重宝しております。特に休みの朝はこれで淹れるコーヒーが美味しいです。今「The Pot」を購入されると以下の写真のREC COFFEEに特別にブレンドいただいたオリジナルブレンドのドリップバッグをプレゼントしているようです。

BALMUDA The Blend

電気ポット購入をお考えの方、是非オススメです!キッチンにいるのが楽しくなってきますよ!



コメントはこちら

TOPへ戻る