CREARC

Designer's Blog

1

Appleが公開したHomeKitは記憶に新しいですが、IoT技術で家の中にある家電(テレビ、エアコン、照明、ウォシュレット等)をインターネットに接続して、外出先からもコントロールができる時代がすでに始まっています。もちろんそれをつなぐアクセサリーも様々なものが販売されています。最近の家電はそれぞれにリモコンがついているので、いちいちリモコンを探すのも面倒なので、手持ちのiPhoneから操作できるようにしてみました。

スマホから家電をコントロールできるアクセサリー

iRemocon

eRemote

REX-WFIREX1

IRKit

こう見ると様々な会社からいろんな商品がでております。

今回導入したのが「IRKit」、WiFi機能の付いたオープンソースな赤外線リモコンデバイスで家庭のエアコンやテレビ、ライトなど、赤外線で操作できる家電を、WiFiをとおして、iPhoneやiPad,Androidスマートフォンなどから操作できるようにするものです。

届いたときには何も入ってないんじゃないかと思ったくらい軽い箱。
IRKit

開けるとポツンとケースが入っていた。
IRKit

思ってた以上に小さいです。
IRKit

入っているのは本体と、MACアドレスとパスワードが書いた紙のみ。非常にシンプルでいいです。
IRKit

iPhone 6よりも気持ち小さい程度の本体です。
IRKit

背面写真、本体へはmicroUSBで接続・充電が可能です。microUSBは入っていないので、自分で用意する必要があります。
IRkit

正面写真、赤外線受信部分と、ランプやリモコンを操作する赤外線の発信部などがついてます。
IRkit

初期設定

microUSBで接続すると本体のランプが赤く点滅します。
IRkit

設定はiPhoneのアプリから行うので以下のいずれかのアプリをインストールしておく必要があります。

オフィシャルアプリ

標準のアプリで簡単に登録できますが、機器が多くなると登録ができなくなる可能性があります。

リモコンNK

スワイプしてリモコンをいろいろとページごとに複数割り当てられます。リモコンがたくさんある場合にはこちらを利用することをおすすめします。
※下に広告が入ってますが、150円の課金で広告を取り外せます。

アプリを立ち上げてネットワークに繋ぐ

まずは自宅のWi-Fi環境へ繋ぎます。パスワードを聞いてきますので準備しておきます。
IRKit Setting

自宅のWi-Fi環境に繋がったら、今度はIRKitへ繋ぎます。箱に入ってたパスワードを入力するとOKです。
IRKit Setting2

このときに注意したいのが、IRKitはWi-Fiの2.4GHzの方にしか接続できないという点です。iPhoneなどは5GHz接続したままで構いません。IRKitがiPhone上のWi-Fiに検出されない場合にはWi-Fi本体の設定を見直すといいと思います。

そして再度、自宅のWi-Fiへ接続します。無事に接続が正常に終了すると、本体のランプが青色に変わります。
IRKit Connect

リモコンの追加

IRkitシンプルリモコンのアプリでの登録操作の説明となります。

接続が終わったら今度は操作をしたい家電のリモコンを追加していきます。ここがちょっと面倒かもしれませんが、根気強く頑張って登録してください。
IRKit

本体に向けてリモコンのボタンを押します。すると本体の青いランプが点滅します。これをボタンの数繰り返して登録して名前をつけていきます。
IRKit Setting3

これでリモコンの登録が完了です。
IRKit Setting5

iPhoneから照明のON/OFFや、エアコンのON/OFF、Apple TVをコントロールしたり、様々なものをコントロールができます。
IRkit

まとめ

部屋の中だけではなく、外出先からもコントロールができるのが素晴らしい。最終的にはSiriで家電をコントロールできるようにしたいと思う。実際にRaspberry Pi + HomeKit + IRKit を組み合わせてSiriで家電をコントロールできるので、参考にしてやってみたいと思う。

あとは位置情報をトリガーにして部屋の電気をONにしたりとか、Siriに「これから帰る、お風呂沸かして」と言うと追い炊きが作動して帰ったらすぐに温かい風呂に入れたりなど、出来なくはないことだと思うので積極的にチャレンジしてみようと思う。位置情報をトリガーにした動作で設定すると家から離れると自動的に鍵がしまったり、エアコンや照明もOFFになるので、閉め忘れたや、消し忘れたということがなくなるので便利だと思う。

また、リモコンのアイコンに汎用性がなく、思うように当てられず、同じアイコンになってしまうので、こちらも一緒にアイコンのデザインも考えてオリジナルのリモコンを作っていく予定。

IRkitを使ってハイテクハウスを目指していきたいと思います。



コメントはこちら

TOPへ戻る