CREARC

Designer's Blog

0

昨年から注目を集めているイギリス人の女性シンガー、ジェス・グリン(Jess Glynne)。彼女の声が好きすぎて、最近毎日のように聞いてます。日本でも2014年では音楽アプリのShazamで最も検索された楽曲1位(国内)になりました。たぶん、あ、この曲どこかで聞いたことある!って思うかもしれません。

ジェス・グリン(Jess Glynne)って誰?

ジェス・グリンがブレイクしたきっかけは、2014年1月にクリーン・バンディット(Clean Bandit)のシングル「Rather Be」でボーカルをつとめたことです。彼女自身はまだ無名のアーティストでしたが、イギリスのシングル・チャート4週連続1位、夏にはアメリカでもビルボードのシングル・チャートでトップ10入りを果たし(10位)、第57回グラミー賞では「最優秀ダンス・レコーディング」を受賞してます。

2014年では音楽アプリのShazamで最も検索された楽曲1位(国内)の曲がこちら。MVの舞台が日本の築地や渋谷となっています。実際に日本で撮影されてるシーンがいくつか出てきます。ストーリーもなかなか面白い展開のミュージックビデオです。

Clean Bandit – Rather Be ft. Jess Glynne

ソロ活動の第1弾のシングルが1位を記録

2014年7月6日にソロとして初めてのシングル「Right Here」をリリース。
それまでの曲よりもややディープ・ハウス風で、ジェス・グリンのボーカルもやや低音のこの曲、イギリスのダンス・チャートでは1位、シングル総合チャートでは6位を記録してます。

Jess Glynne – Right Here [Official Video]

ソロ活動の第2弾でイギリスのシングルチャート連続1位を記録

個人的にも一番好きな曲である「Hold My Hand」を2015年3月20日に、ソロとして2枚目のシングルとしてリリースしてます。
ピアノの音色が印象的で、より明るいダンス・ミュージックになったこの曲は、イギリスのシングル総合チャートで初登場から3週連続で1位を記録。

Jess Glynne – Hold My Hand [Official Video]

ジェス・グリンがソロとしてもブレイクした、彼女の代名詞的な曲になってます。

出す曲が次々ヒットしてイギリス人女性ソロ・アーティストとしての歴代最多1位記録に並び、さらに2015年8月14日に発売された、現時点での最新シングル「Don’t Be So Hard on Yourself」も、イギリスのシングル・チャートで1位を獲得し、これによって、彼女自身5曲目のイギリスチャート1位となり、イギリス人女性ソロ・アーティストとしての歴代最多記録に並ぶことになりました。

デビューからまだ2年も経っていないのにこの勢いはすごいです!!

No.1ヒット・シングル5曲が収められたアルバムが発売

ここまでご紹介した5曲のイギリスNo.1ヒット・シングルが収められたアルバム『I Cry When I Laugh(アイ・クライ・ホウェン・アイ・ラフ)』が2015年9月16日に発売されています。イギリスをはじめとした各国では、2015年8月21日から発売されており、イギリスのアルバム・チャートでは当たり前のように1位を獲得。(日本でもデジタル配信では同日から販売されています)一度聞いたら絶対にハマる透き通ったハスキーボイスを是非!

来日コンサートとかないかな・・・・(笑)

I Cry When I Laugh

by ジェス・グリン

ジェス・グリン関連リンク:
:https://www.facebook.com/JessGlynne
:https://instagram.com/jessglynne/
:https://twitter.com/JessGlynne
:http://spoti.fi/1cI6gaz
:http://jessglynne.co.uk/



コメントはこちら

TOPへ戻る